JR明石駅・山陽電鉄明石駅から徒歩10分

医療法人社団せいゆう会 せいゆうクリニック

腎臓内科・循環器内科

078-912-5151

受付 9:30~11:40/15:30~18:40

せいゆう介護支援センター

笑顔と安心の暮らしをお手伝い

せいゆう介護支援センターは、介護支援専門員(ケアマネージャー)による専門的な相談援助により、主に高齢者の方、障害をお持ちの方などの日常生活の困りごとや悩み等を解決する居宅支援事業所です。

困ってる?悩んでる?

  • 両親の介護をしなければならなくなった
  • 夫が(妻が)認知症になった
  • 自分が介護状態になってしまった

など、介護や認知症は私たちの身近にある問題です。

一人で悩まず、ご相談下さい!お電話での相談でも結構です。

相談お問い合わせ先

FAX:078-918-7301

介護支援専門員(ケアマネージャー)が親切丁寧に対応いたします。お気軽にお立ち寄りください。

  • 医療・福祉・介護などの総合相談
  • 介護認定申請手続きの代行
  • ケアプラン作成
  • 介護サービス紹介 など
利用者・医療機関・介護支援センターと連携して取り組みます

取り組み

せいゆう介護支援センターは、
2025年問題※1や地域包括ケアシステム※2の現実化に取り組みます!

※1…2025年問題

これからの日本は少子高齢化が加速し、国民の3人に1人が65才以上に、5人に1人が75才以上になり、10人に1人が認知症と言われる時代が到来します。これにより、国の医療・福祉・介護を支えている社会保障が破たん寸前の危機を迎える、これが2025年問題と言われています。
この問題を解決するべく国は2016年4月から医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」が動き出しました。

※2…地域包括ケアシステム

「軽度の支援が必要な高齢者を地域で支える、支え合う」という目的で、自助・共助・互助・公助を体系化、組織化していこうということです。

自助 自分自身で出来る事、家族で出来る事。また自己負担で購入できるサービス。
共助 介護保険や医療保険などを使用した支援。
互助 ボランティアの支援、近隣住民の支援。
公助 市の施策や生活保護など公費を使用した支援。

「住み慣れた地域でいつまでも元気で暮らしたい」を応援します!

ページトップへ戻る